カウンセリングが多用される現場を考察してみた

カウンセリングが多用される現場を考察してみた

カウンセリングという言葉は様々なシーンで用いられるものですが、

 

一番イメージがしやすいのが心理に関連するようなシーン
で行われるカウンセリングなのではないでしょうか。

 

精神が病んでしまって心療内科を受診したりすると、
医師の診察を受ける前に専門家によるカウンセリングが行われます。

 

自分の病状や悩みなどを事細かにカウンセリングしてもらって、
それを医師が分析して治療の方針を立てるのが
心療内科で行われるカウンセリングの目的ですが、
心療内科では血液などに数字として異常が現れるものではないので、
このカウンセリングというものが非常に重要になります。

 

また、最近では専門のカウンセリングサービスを行う業者も多く現れてきているようで、
そこでもこのカウンセリングという言葉が多用されます。

 

悩みのある人の話をとにかく良く聞いて(これを傾聴といいます)、悩みの根幹を見出し、
それに対する解決策を一緒に探っていくのがこのカウンセリング業者のサービスなのですが、
結構な料金がかかるにも関わらず利用する人が多いそうです。